不動産

不動産

不動産の鑑定評価に関する法律4

不動産の鑑定評価に関する法律 戻る 不動産の鑑定評価に関する法律 次へ
不動産 HOME> 金融法律> 不動産鑑定士特例試験及び不動産鑑定士補特例試験に関する法律 抄>

不動産鑑定士特例試験及び不動産鑑定士補特例試験に関する法律 抄

(趣旨) 第一条 この法律は、不動産鑑定士制度の充実を図るべき必要性が存することにかんがみ、不動産の鑑定評価に関する法律(昭和三十八年法律第百五十二号。以下「法」という。)に規定する不動産鑑定士試験の特例として行なう不動産鑑定士特例試験及び不動産鑑定士補特例試験に関し所要の事項を定めるものとする。
(特例試験の実施)
第二条 不動産鑑定士特例試験及び不動産鑑定士補特例試験は、昭和四十五年及び昭和四十六年に限り、毎年一回、行なうものとする。
(不動産鑑定士となる資格の特例)
第三条 不動産鑑定士特例試験に合格した者は、法第四条の規定にかかわらず、不動産鑑定士となる資格を有する。 第四条 削除

不動産の鑑定評価に関する法律

借地借家法(しゃくちしゃっかほう)は、建物の所有を目的とする地上権・土地賃貸借(借地契約)と、建物の賃貸借(借家契約)について定めた法律である。しゃくちしゃくやほうとも呼ばれる。
不動産の鑑定評価に関する法律不動産の鑑定評価に関する法律
不動産の鑑定評価に関する法律施行令不動産の鑑定評価に関する法律施行令
不動産の鑑定評価に関する法律施行規則不動産の鑑定評価に関する法律施行規則
不動産鑑定士特例試験及び不動産鑑定士補特例試験に関する法律 抄不動産鑑定士特例試験及び不動産鑑定士補特例試験に関する法律 抄

不動産その他